マンション管理士になりました!

こんにちは、すぬーぴーです。

 

遅ればせながら先月末、マンション管理士の登録が無事完了して管理士証を頂くことができました!やった~!

証書は子供の頃に習字の大会で貰った賞状みたいでした。懐かしい。

これとは別売り(?)で、カード型のマンション管理士証の発行もしていただきました。確か2500円くらい。

 

マンション管理士管理業務主任者と違い、自分が資格保有者である証を顧客に見せる義務はないそうです。だから発行は任意。

使いどころは無いのだけれど、私は申請しました。自動車免許みたいなカード型の証に憧れてたんです。

英会話サークルで見せびらかせてきたんですが、皆さんの反応が「なんかよくわかんないけどおめでとう~」って感じで手応えがないw

そりゃそうだ~認知度低いもの。私だってそんな資格があること1年前は知らなかったし。

 

ところで、マンション管理士は5年ごとに講習を受ける義務があります。現時点ですでに試験の内容が頭から8割方蒸発してるのに、5年放っておいたらとんでもないポンコツ管理士になってしまう。そんな状態で講習に行きたくないぞ。せっかく頂いた管理士証の輝きが鈍るじゃないか。

というわけで今一度、民法の勉強を始めました。今回は試験のための勉強ではなく、教養と趣味を兼ねてます。使っているのは公務員試験の過去問です。

 

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ6 民法1一総則・物権・担保物権

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ6 民法1一総則・物権・担保物権

  • 発売日: 2020/09/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

凄くわかりやすい教材を一発で引き当てることに成功してうはうはです。テキストを飛ばして過去問から勉強する方法はマン管試験で味をしめました。

失踪宣告や立木の登記など、マン管試験対策では触れなかった内容も学べてとても面白いです。

 

話が変わりますが、私は時事問題が露ほど理解できてないことがコンプレックスです。

尊敬する方が

「公務員試験勉強を本気で何年かかけてやれば、ニュースが完璧に理解できるようになる。無知が故に他人の意見に振り回されることがなくなり、自分で物事について意見を持ち判断できるようになる。」と仰っているのを聞いた私は

「なに!?よっしゃ公務員試験勉強するぞ!!とりあえず民法勉強してマン管試験の復習も兼ねるぞ!!」とやる気の炎に燃えながら翌日教材を買いに行ったのでした。

民法が終わったら、憲法や経済学などにも手を出してみたいです(*^_^*)

 

今日はこのへんで。ありがとうございました!

ジャズレッスンに行ってきました!

こんにちは、すぬーぴーです。

先週の金曜日、ジャズレッスン体験に行ってきました。

早くも一週間が経過してしまって、時の流れほんと早いなこのペースならふと気づいたときには大晦日だなって思います。

遅くなってしまいましたが、レッスンの感想とどんなことを習ったのかを書き残しておこうと思います。

 

さて、当日はバスで行こうと思ってバス停に向かいました。が、ただ棒立ちでバスを待つ間に体温がどんどん奪われていく。

「ちょっと耐えれない。歩いてみよう」と思い切って徒歩でカルチャー教室に向かいました。

30分弱で到着。歩くにあたって懸念だった脚の痛みはなんと出ませんでした。

球蓋形成不全(股関節のかみ合わせが浅く痛みが出やすい)の私にとって大変な快挙でした!

毎日の貧乏揺すりと家トレの効果が出たのだと思います。とても嬉しいです!

 

受付の方に体験予約をした者ですと伝え、簡単な書類を書きました。早く着きすぎてしまったので複合スーパーの中をうろうろ、うろうろ。手持ち無沙汰。

早めに着いておいてフードコートで星の王子さまの翻訳(英会話サークルの宿題)でもしようと思っていたのですが、ど緊張してる中勉強する余裕などなかった。時間をつぶすためにただ歩き回りました。

 

いよいよレッスン開始数分前になるまで時間を浪費して、いざ受付にもう一度向かいました。すると2人の男性と1人の女性がいらっしゃる。

女性の方は私と同じく今回初めて体験されるということでした。やった!心強い!

入室して、先生とご対面。小柄な方で、私も小柄に分類されるため親近感を抱きました。

最初に簡単な自己紹介(体験の動機)をしました。

「公民館の英会話サークルに通っていて、歌が上手になりたいけどどうせなら英語の歌が歌えたら良いなと思い参加しました」ようなことを言ったと思います。

ジャスについて何にも知らないし、音楽系のレッスンも受けたことがないこともよくよくお伝えしました。先生は「なんてことないさ」みたいな受け止め方をしてくださったように感じてちょっと安心。

先生曰くジャズも英語も全く分からない方が体験に来られることもあるそうです。凄いな行動力。

気さくな感じの方で、レッスンはへぇ~ほぉ~の連続でした(語彙力)。

習った内容は後ほど書き残します。せっかく教えてもらったことを忘れてしまうのはもったいないし私の忘却力半端ないし。

 

その日はLOVEという曲の練習の最終日で、先生と男性生徒お二方の歌を聴いて「知ってる聴いたことある!」とホッとしました。

一つの曲を2ヶ月(4レッスン)かけて練習するスタイルだそうです。

次回の課題曲は It's only a paper moon という曲で、楽譜を頂きました。全然知らないぞ。初回レッスンが知ってる曲でよかった。

一回1時間のレッスンなのですが、今回は私ともう一人初回の方が参加したので合間合間に先生の説明が入る形となりました。

次回は(体験者がいなければ)より濃いレッスンを受けることができるので楽しみです。

次回って言ってるけどあと一週間もないな。課題曲を練習せねば。一年はあっという間だから。

 

一年と期間を絞った言い方をしました。というのも、残り二回の体験を終えたのち、継続して通うと決めた場合は、だらだら通うのではなく一年だけ習う作戦を立てているからです。

やっと活動できるようになった。今までやりたくてもできなかったことに挑戦できるようになった。とっても幸せなことです。

しかし、無職の私はもちろん稼ぎが無いです。かといって今この瞬間から働けるような体力と技術があるわけでもありません。

私の現状を理解してくれている家族に頼ることで生活をすることができています。

レッスンは当然ながらお金がかかります。そのレッスン代、以前もらった給付金10万円の一部を充てることにしました。

マンション管理士登録にかかる費用などに使いましたが、まだ残っています。残りのお金も何らかの資格の受験代などに使おうと考えていました。ためになるもの役に立つものに使うのがベストだと思い込んでいたのです。

でも、就職の際の強みにもならない娯楽だとしても、自分がやりたいと本当に願うことに使うのはありなんじゃ無いかと考え直しました。

わたしは「~すべき」地獄で自分を呪って生きてきて、今ここに立っているんだから。それなら今まで自分がよしとしなかった生き方を試してみたら、停滞した空気が変わるようなスイッチが入るんじゃないか。そう思ったのです。

給付金を充てるとして、一年は通うことができます。でも二年分には足りません。といわけで、「通うのなら一年間だけ」とひとまず決めた次第です。

だらだらいつまでも通えると思っていると、あっという間にお金は飛んでいくし歌も上手にならないだろうと見当が付いてます。

「レッスンでハウツーを思い切り吸収して楽しむ。家でブラッシュアップしてから次のレッスンに臨む。」

このモチベーションを保つために、一年という区切りはベストなんじゃないかと感じています。

もし一年の間に状況が変わることがあったら、またそのときに考えます。先の事なんて分からないけど、今をフレッシュに生きるために先の計画を立てました。

とりあえず、体験レッスンはあと二回残っているので、本当に自分は一年間ジャズレッスンを受けたいのかをその間に見極めたいと思います。

 

最後にレッスンの内容を書き残します。もし通うことになった場合はこの備忘録を見直して上達の道に活かしたいと思います。

 

歌う前にはストレッチをします。

首の筋肉から足首まで伸ばします。足の甲を伸ばすのは意外でした。そんなところが関係あるとは思っていなかったです。

でも歌うって身体を楽器にするって事だから、細部までケアすることが大切なんだろうな。

体重のかけ方について。

かかとに体重をのせるとバランスが悪いので、くるぶしのすぐ下に体重をのせるように立つのがよいそうです。

歌い方について。

股関節を安定させ、胴体を樽のようにどっしりと構えます、股(お腹の一番下)から声を出して上顎にその声を当てて口腔で響かせるように歌います。

喉は震えていますが、震えているだけ。喉から声を出す感覚ではなく股から声を出す。

日本語は喉で音を出すけど、英語は口の中(ベロの根元)に空間を作ってそこで音を反響させて音を出します。

歌声は、狭い部屋で歌っているのではなく、遠くの遠くに声を届けるような気持ちで出す。

 

このようなことを習いました。とてもためになりました。そして足の甲を伸ばすときに関節の柔らかさを褒めていただいたのが嬉しかったです。

歌声を出すときは「顔が緊張してるよ」と声をかけられ「その通りです緊張しております」と思いながら精一杯ついていきました。

ぜんっぜん声が出ない!大きい声を出そうとすると喉に負担をかけてしまうし、高音を出そうとするとしわっしわの声になって全く綺麗じゃないw

当たり前ですね初回だから。これから上手くなっていけたらいいな。

次回は今週の金曜日です。家で大声は出せないけど、発音などは練習できるので「たったの一年や!」と気合い入れてできることを準備しようと思います。

 

背中をおしてくれた方々に感謝をして終わります。

ここまで読んでくださった方、感謝します。ありがとうございました。

ジャズボーカル体験レッスンに向けて

こんにちは、すぬーぴーです。

 

先日「小さい頃から理想の自分の妄想ばかりしてたけど、その妄想をひとつ叶えてみたい」と、ジャズボーカルレッスンの体験に勇気を出して申し込みました。

詳しくは前回の備忘録に残してあります。

 

そして先ほどカルチャー教室に電話をかけました。体験レッスンの予約内容を変更するためです。

というのも、申し込みの電話をした翌日くらいかな、郵便受けにカルチャー教室のチラシが入っていたのです。

 

チラシには「新春福袋企画」と銘打ってあり

☆リストに載っている講習の中から3レッスンを選んで3300円☆

☆レッスンは複数の講習を一度ずつ受けてもよし、一つの講習を3回受けてもよし☆

☆体験後一月以内に会員になった場合、入会金3300円を500円に割引き☆

と書かれていました。

 

そして、私が先日申し込んだ初心者向けのジャズレッスンが、そのチラシの福袋リストに載っていたのです。

まじか。もしかしてこれは応援の風が吹いているのか。風に乗ってみてもいいだろうか。

 

現在の一回きりの体験と、チラシの福袋企画、どちらが私に合っているか考えました。

一回きり体験の場合、費用は550円です。ジャズレッスンが私に合ってないと判断して退却した場合、一番安い損切りで済むのがこのルートです。

福袋企画に変更して3300円払った後、一回目で「あコレ無理だ」ってなったらお金もったいないよな。

母に「どう思う?」と相談してみました。

 

母「福袋企画の方が良いんじゃない?計三回体験できたら、その間にいまの体調で続けられるか考えることができるよ。一回きりだったらしんどくても無理して頑張れちゃうから。それに、初回に緊張しても二回三回で緊張がほぐれて、レッスンの内容をよく検討できるだろうし。」

 

なるほど~。お得か否か、しか考えてなかった。新しい習慣を日常に組み込んで、その生活が上手く機能するかを検討するなら断然福袋企画が良いよね。

相談してよかったです。なにより体調。レッスンの魅力がよく分かるなら尚更良いよね。

 

というわけで、改めてカルチャー教室に電話して、福袋企画の申し込みが完了しました。レッスンは今週の金曜日です。あっという間に当日になるんだろうな。ドキドキ。

 

さて当方、ジャズがなんたるかも分かっておりません。ピアノ等を習った経験などもございません。楽譜読めません。

書いてて不安になってきた。でも楽譜読めなくても英語発音分からなくてもいいよって広告に書いてあったから!そのまんま鵜呑みにしてしまったよ!!

 

せっかくレッスン受けにいくのに、ジャズを一曲も知らないし楽譜も読めないっていうのはどうなの。

そう思って、ここ10日ほどかな、「ジャズを一曲(クオリティ置いといて)空で歌えるようになる作戦」を実行中です。

選んだのは「I'm Beginning To See The Lighit」。歌詞の内容も分からず選びました。

選んで何度か視聴した後、「これめちゃくちゃ濃い恋愛がテーマだったら経験値的に感情込めて歌えないけど、どんな内容なの」と和訳を検索しました(順番が逆)。

私なりに一言でまとめると、

「今までときめきもきらめきも無い僕の人生だったけど、君が現われてからは世界が輝いて見えるよ。」

こんな歌です。

めっちゃいいじゃない。最近の備忘録で書き残してきた私と重ねました。

将来の夢とかやりたいこととか、そういう明かりがない毎日だけど、新しい出会いが私の人生を照らしてくれる。

そんな風になったらいいな~!!!

この曲を何度も何度も聴いて、口ずさんで練習しています。発音もできるだけ真似て頑張ってます。楽譜読めない分他で補いたい!

 

ところで、この前の金曜日は久しぶりの英会話サークルでした。

「この前グーグル翻訳でgirlって音声検索したら、全然girlと聴き取ってもらえなかった」とメンバーのひとりが言ったのをきっかけに、スマホをそれぞれ取り出して「girl」の発音大会が開催されました。

私も「girl」と言ってみました。スマホに表示されたのは「God」。

えっ全然girlにならんじゃないか。わいのわいの。

ネイティブの先生にスマホをお渡ししてみると、一発で「girl」と表示。

感動しました。いや当たり前なんだけど。でも感動しました。

「先生のgirlと私のガールが全然違う。これはフォニックス頑張らなくちゃ!ジャズのためにも!」と燃え上がりました。

もしジャズレッスンに通うことになったら、こうやって英会話サークルとの相乗効果で英語力上げられたら良いな、なんて思います。

 

というわけで、レッスン初回まであと4日。どこまでブラッシュアップできるかな(*^_^*)

ここまでお読みくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

妄想を、一つだけ実現できるなら

こんにちは、すぬーぴーです。

先ほどまでアニメを観ておりました。

今日はなんだか疲れたから休憩デーにしよう。漫画とかアニメとか楽しもう。

と決めて、電脳コイルブラックラグーンセーラームーンを各1話ずつ観て満足しました。

セーラームーンはリアルタイムで観た記憶がなく、姉が大好きだったからどんなもんかいなと観てみました。

電脳コイルブラックラグーンは10代の頃に観た記憶はあるのですが、内容9割方覚えてません。

 

漫画にしろアニメにしろ小説にしろ、ストーリーを覚えておくというのが壊滅的にできません。

数年前、弱虫ペダルのアニメを観ました。1年後にもう一度観る機会を作ったのですが、主将同士のレースの結果を最後まで思い出すことなく

「誰だ!?勝つのは誰なんだ!?」

と熱く楽しんだほどです。いや1年前だよ。私大丈夫?

というわけで、「好きな本は?映画は?」という質問はめちゃ苦手。

 

私「○○って小説が好きだよ!」

質問者「どんな話なの?」

私「覚えてないよ!」

質問者「」

 

絶対こんな感じになるw

でもどうしようもないんだ忘れちゃうんだ。

というわけで、お昼は新鮮な気持ちでアニメを堪能しました。

昔からアニメはよく見てました。レンタルビデオの店で父に借りてもらったやつをちっさい頃から観てました。

 

そしてよく妄想しておりました。

カードキャプターさくらの世界、怪盗セイントテールの世界、犬夜叉の世界、スレイヤーズの世界、

頭の中で色んなアニメや本の世界に行きました。

 

二次元に行かずとも、現実の自分がああだったらいいのにな、こうだったらいいのにな、と妄想しまくっていた幼少期。

毎晩布団にもぐって「○○ができる素敵な自分」を頭の中に作り出して特技を披露すると、頭の中の群衆にわいのわいの賞賛してもらえるのです。

決まって妄想するのは、歌がうまいとか、ダンスが踊れるとか、ピアノが弾けるとか、高飛び込みが上手とか、なんでもいいから「人に評価してもらえるなにか」を持った自分でした。

 

忘れっぽい私が覚えてるんだから、多分毎日レベルでやってた習慣なんだろうな。

そしてその習慣は今も変わらず。

トークが上手とか、めちゃ可愛いとか、世渡りが上手いとか、語学堪能とか、カリスマ的リーダーの素質とか。

書き並べるほどに、私は満たされてないんだなあと実感します。

 

小さい頃、少なくとも幼稚園児の頃から、「この自分に丸は付けられない」と自己評価してきたのです。

数日前、改めて「私は妄想してばかりの人生だ」とソファに寝そべりながら考えました。

「なんか可哀想だ。ああだったらいいのになって、本当の自分じゃだめってことじゃん。」

「こんな、妄想し終わって現実に戻って虚しくなるのを小さい頃から繰り返してきて、小さい頃の自分も可哀想だ。」

「なにか一つ叶えてあげられないだろうか。本当にできるんだよって、小さい私に見せてあげれるような、歴代の妄想で叶えられるものは。」

 

そのとき、去年の秋にカルチャースクールのチラシを取っておいたことを思い出しました。

気になっていたのは、ジャズボーカルのレッスン。

当時凄く惹かれたけど、マンション管理士の勉強中だったので現実的に考えるほどには至りませんでした。

 

私は今も昔も妄想しながら生きていますが、頻出するのが「歌が上手な私」です。

もしジャズを華麗に歌いこなせるようになったら、小さい頃から自分を否定してきた自分に「妄想じゃないよ。歌えるんだよ!」って。言ってあげられる。今の自分の特技にもなったら最高だ。

 

でもですね、私は無職です。お金にも、仕事に繋がる経験にもならないようなことをしていいのか。

もっと有益なことをした方が良いんじゃないか。

 

私、今まで勉強くらいしかしてきませんでした。

友達とスポーツ観戦やコンサートに行ったり、飲みに行ったり、バイトしたり、サークル活動したり、趣味に没頭したり、そういうことをほとんどしてきませんでした。

病気になる前も後も、「遊び」の少ない生活だったなと思います。

本屋で選ぶ本も「あとあとためになる」カテゴリーのものばかり。

 

でも、先月の片づけ祭りでそういった有益な本はほぼ全て手放しました。

ときめかない。読む気にならない。

先日本屋に行ってみて、「知っているとためになる」「知らないとやばい」系の本を見渡してきました。

すると、脳が思考停止するような感覚に陥りました。

 

「もう入らないよ。いっぱいっぱいだよ。~べき、~しないと、はもうしんどいよ。」

自分が自分にそんなメッセージを送っている、そんな気がしました。

行動を変えなければ、このままなら、私はもう新しい知識を吸収することはできない。本も読めないし、ニュースだって頭に入らない。

 

そして、叔父の言葉を思い出しました。

「これまでできなかったことを、みんながやり終わってることを、これからしてけばいい。そうしてゆっくり進んでいけば、おばあちゃんくらいの年齢になって、良い人生だったって思えるよ。」

 

してもいいのだろうか。挑戦してみていいのかな。

挑戦してみたいよ。ずっと、ずっと妄想してきたんだから。ひとつくらい、叶えてみたいよ。

 

昨日、勇気を出して体験申し込みの電話をかけました。

来週、一度行ってみます。そして、本や服など日用品を買っていた分のおこづかいを月謝に回してでも行きたい縁なのか、考えようと思います。

 

片付け祭りをきっかけに机に並んだぬいぐるみのクマと目が合います。「応援してるよ」って言ってくれているような気がします。ありがとう。

 

後ろめたさを抱えながら、それでもいってきます。

決めつけてはいけない(星の王子さま①)

こんにちは、すぬーぴーです。

英会話サークルが来週から再開すると連絡が来て、やっとこさ重い腰を上げ宿題に取りかかりました。

宿題と言っても、なんでも自分の書きたいことを英文で書いて先生に提出するので、先生との交換ノートみたいなものです。

交換ノートと違うのは、書いたことに対するリアクションが「お返事」ではなく「添削」なところです。

自分の英文を書くときの間違いグセが分かるのでとても有り難いのですが、できれば内容の感想を聞かせてもらいたいな、なんてわがままを思ったりします。

この自由な交換ノートの題材を考えるのが難しい。何でも良いと言われると何を書けば良いのか分からなくて、ペンが全く動かないなんて事がよくあります。

ニュースを英文にして提出したこともあるのですが、難易度が高すぎて続かない。児童文学を翻訳しようとトライするも、英文が頭に浮かばない。

教材として選ぶものが、身の丈に合ってなかったんだと思います。

 

さて、今回はどうしよう。

そうだ星の王子さまはどうだろうか。児童文学には手を出して既に失敗済みだけど、もう一度挑戦してみようかな。英文に直すことでじっくり内容を咀嚼できるかもしれない。この間星の王子さまを通して自分を見つめ直そうと思い立ったところだし、いいアイデアかもしれない。

 

というわけで、ルーズリーフを引っ張り出して英作文に取りかかりました。

あれあれ、と自分で驚きました。前回トライした児童文学に比べてとても訳しやすいのです。「子供用の本」とひとくくりにしていたのですが、違うのですね。

分からない単語はスマホで調べつつ書き進め、1ページ分が完成しました。


f:id:little-by-little:20210206153847j:image

凄い嬉しい!いままで難しいニュースの単語をひとつひとつ調べたり、登場人物のちょっとした心の動きや仕草をどう表現するか頭を抱えたり、遅々として進まなかったのが嘘のよう。

難易度もあるけれど、心を動かされた本を教材として使うというのもよかったのだと思います。簡単でも退屈な本だとテンション上がらないし…。

 

今日は物語の冒頭を訳しました。

 

主人公は6歳の頃、大蛇が動物をまるごと呑み込む瞬間の写真を見て、とてもわくわくした気持ちになりました。そこで、自分も人生で初めて絵を描いたのです。それはゾウをまるごと一匹呑み込んだ大蛇の絵でした。

しかし大人たちの目には帽子にしか見えませんでした。

そこで彼は大蛇に飲まれたゾウが透けて見えるように二枚目の絵を描きましたが、大人たちに

「そんなくだらない絵を描いていないで勉強したほうがいいよ」と言われてしまいます。

大人たちの反応は、彼の芽を摘んでしまいました。

 彼は画家になるのを諦め、飛行機乗りになったのです。

 

今日訳したのはここまでです。

 

大人は物事の表面しか見えないし分からない。そのせいで、子供たちはうんざりしたり傷ついたりする。

 私の周りの大人もそうだったっけ、と子供の頃の記憶を掘り起こしてみました。

 

思い出したのは、小学生のときの記憶です。3年生もしくは4年生の頃。

教室の黒板の横に、担任の先生の机がありました。先生はパソコンを使って何か作業をしていました。私は先生のそばにいたくて、作業する先生の後ろに立っていました。はっきりとは覚えていないのですが、なんとなく寂しかったような気がするので、遊ぶ友達がいなかったのかもしれません。

突然先生が振り向き、私を怒鳴りました。

「そこまでしてみんなの成績がみたいのか!最低だ!」

 

なんのことかまったく分からなくって、いきなり怒鳴られたことにもびっくりして、何も言えませんでした。

きっと、先生は生徒たちの成績表かテストの採点結果を記録していたのでしょう。

一言、「どうして後ろに立ってるの?」と聞いてくれればよかったのに。

 

私がもし先生の立場だったら、生徒の成績をつけているときに、後ろに生徒が黙って立っていたら、どんなことを言うんだろう。

当時の担任と同じようなことを言ってしまうかもしれない。私は決めつけて物事を見てしまうことがあるから。

生徒の内心は真逆のところにあるのに。

 

決めつけはだめだな。

主人公も小さい頃の私も、それで凄く傷ついたんだから。

短気もだめだな。

決めつける前に質問なりなんなり話をすれば、私は勘違いで怒鳴られなくてもすんだんだから。

 

今日学んだこと

こちらから見えない思いを抱いている相手を早々に決めつけてかかると、相手を深く傷つけることがある。もし疑念を抱いたときは、あくまで穏やかに質問などをしてみる。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

夢中なもの?将来の夢?(星の王子さま⓪)

こんにちは、すぬーぴーです。

先ほどまで、母が大事に育てている「セントポーリア」という花の手入れの助手を1時間半ほど務めてきました。

セントポーリアとは室内で育てる四季咲きのお花です。

母は手のひらに乗るくらいの大きさの「セミミニ種」を、リビングの一角で育てています。

 

f:id:little-by-little:20210204155226j:plain

小さくて可愛らしいです。

そして、「手のかかる子ほど可愛い」と言いますが、本当に手がかかります。

例えば、今日手伝ったのは薬浴というお世話です。

薬浴とは、農薬を薄く溶いたぬるま湯で株をまるごと洗う作業のことです。

月に一度の頻度でするのが望ましいようで、セントポーリアを菌や虫から守るための消毒として行います。

最初は「え?花に薬かけるの?萎れない?」とびっくりしました。咲きかけの蕾はだめになっちゃうけど、株全体を守るためには必要なお世話だそうです。

 

農薬を使うので、株にかけた水をそのまま台所で流せません。公害になるので。

昔使っていた小さなプラスチックの水槽に使用排水を貯めて、ベランダのプランターに入っている土にかけます。

そうすると、農薬の成分が分解されるので大丈夫だそうです。

公害に加担したくないと神経とがらせて作業に臨みます。「ぼーっとしてたらシンクに流しちゃった!」なんてことになったらいけない。

 

また、ぬるま湯を使うというのも一手間です。

冬のこの時期、適度にあったかいぬるま湯なんてあっという間に冷えちゃいます。

セントポーリアに冷水はだめ!だそうで、やかんでお湯を沸かしてポットに入れておいて、使う分を冷たい水と混ぜて23℃くらいに調節して、冷えないうちに使います。

 

また、セントポーリアにかけた農薬が葉っぱの上にいつまでも残っているのもだめだそうで、葉っぱや花芽が傷んでしまいます。この現象を薬浴障害といいます。

 

農薬が手につかないようにピチッとした手袋をはめて作業するので、なんか手術してるみたいな感覚です。

母のオペを手伝いながら、セントポーリアって泣かない赤ちゃんみたいだなって思いました。

 

母はセントポーリアを可愛い可愛いと大事に育てています。母は動植物が好きで、お世話をするのが苦でないようです。

ちなみに薬浴の時に使うプラスチックの水槽は、数年前まで熱帯魚のお世話に活躍していました。

昔はハムスターも飼っていたのですが、残念なことに母がアレルギー持ちになって以来飼っていません。

 

セントポーリアをせっせせっせとお世話をする母を見ると、自然を愛する人は心が豊かなようで羨ましいなと思います。

 

私は動物にも植物にもあまり興味がありません。外見を見て可愛い、綺麗と思うことはあるのですが、飼いたい、お世話したい、とは思いません。

大きく心が動かないのです。

なんでだろうな~昔は芋虫とか捕まえて遊んでたのにな。カマキリと対決したり。

 

綺麗な花を見ても木を見ても、心の表面のような浅いところで反応はするのですが、感動!とはならず。なんだか上の空。

感動できたらいいのにな、、、って感じです。

 

じゃあ、自然には興味ないけど電車愛してるぜ!とか、

アニメなら何時間でも語れる!とか、

お洒落だいすき!とか、

他に夢中なものがあるかっていうと、黙ってしまいます。趣味を質問されるのが辛い。

 

ただいま休止中の公民館英会話サークルメンバーの趣味の多いこと!ときめきに溢れてる人生だなって圧倒されます。

 

先月決行した片づけ祭りで痛感したのですが、私の生活ときめき少ねえな。

勉強は楽しいです。英語楽しいです。でも、なんか違うんです。

 

英語はコミュニケーションや情報収集のための道具ですので、習得すれば旅行が楽しくなったり、仕事に生かせたり英語の文献を読めたり、良いことがたくさんあると思います。

私の場合、英語の勉強はしたいけど その先がぼんやり霞がかっていて。

前回の備忘録で書いたように「日本語わかんなくて困ってる人助けられたらいいな」くらいのぼんやり感。

旅行に行きたいわけでもないし、世界に友達作りたいわけでもないし、仕事に生かしたいわけでもないし。

 

昔からそうなんだよな。

小学生の頃の文集で将来の夢を毎度聞かれたけど、苦し紛れにペット屋さんって書いたり、「今は夢がないけどいつか見つかったときのために勉強頑張ります」って書いたり。

 

中学生の頃は、農業の方に進みたいって思ったけど、本当のところは

「周りに農業方面目指してる人いないからそれを夢にしたらなんか格好いい」的な考えによるものだったような。だって、「農業のどの分野に行きたかったの」って聞かれても答えられない。

 

高校以降は双極発症して以来夢云々の話じゃなかったしな~。明日の自分も見えないのに将来のことなんてな。

症状が落ち着いてから、何か心動かされるものはないかと美術館を回ってみたこともあるけど、空振りだったな。

 

そういえば幼少期、母に「将来子供10人生んで野球チーム作る!」なんて言っておりましたが、それも本の主人公の台詞をそのまま丸覚えしただけです。母のウケが良いのが嬉しかったから。

 

私、生まれてこの方、将来の夢を見据えたことないぞ。

そりゃ、夢なくても生きていられるだろうけど。

好きなものにときめいている人を見ると、自分にないものを眺めているようなシンとした気持ちになります。

 

この前、星の王子さまを読みました。

王子さまが地理学者と話すシーンがあります。

その学者は人づてに聞いた情報を元に地図を作りますが、自分がその地に赴いて調査することはありません。

私と似てるな。机の上で書き物をするだけで、実際にその知識が使えるのかどうか確かめないんだから。

 

星の王子さまを読んで、なんだか「私に足りないものがこの本に凝縮されている」ような気がしました。

じっくりゆっくり読みながら、自分について色々思いを巡らせてみるのもいいかもしれない。

根気の要る作業をできるか分かんないけど、できたらいいな。

 

星の王子さま、私の心に流れ星のようなキラッとしたものをひとつ投げ込んでください。

 

備忘録に書き残せたらいいな。

希望を込めて、今回の備忘録のサブタイトルを「星の王子さま⓪」とします。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

初心に帰ろう

こんにちは、すぬーぴーです。

昨日複合スーパーに行ったら、空きテナントに新しいお店が入るようで工事の最中でした。

近づいてみると、インド料理店の広告が貼られた窓ガラス。インドの雰囲気を纏われた男性が店内から丁寧にお辞儀。お辞儀し返す私。

 

すっごいテンション上がりました。

やった近所でインドカレー食べれる!

じゃなくって、

 

ここで働きたい!!!!

とテンション上がりました。

 

最近求人をネットで検索することが多くって、でも何を見ても怖じ気づいてた私が、何故かこのインドカレーのお店にはすごくポジティブな反応。

オープニングバイトを募集されていて、もんのすごい応募したい欲が湧き上がってきました。

やりたいやりたいやりたい!

 

その夜、姉と台所を片づけながら、おそるおそる話を持ち出してみたところ。

姉は「そんなのできるわけないじゃん」と一蹴することなく、私の話を聞いてくれました。そして、やさしく反対しました。

 

「すぬーぴーは、毎日決まった時間に起きれてないでしょ。

短期のバイトだったらそのときだけ頑張って早起きしたらいいけど、そういうわけにはいかないよね。

まずは、毎日決まった時間に起きれるようにしてみたら。少しずつ早くしていって。

一歩ずついったらいいよ。今の状態でバイトは階段を飛ばしすぎだと思うよ。」

 

 

バイト始めたら、生活にメリハリが出て早寝早起きもできるようになるんじゃないかなって言ってみたら、順番が逆。逆は無い。と返されました。

 

 

私の思いを頭から否定せず、呆れた顔もせず、聞いてくれた上で、的確かつ優しく反対をしてくれました。

そんな姉と話している内に、昼間に湧き上がったバイト欲がだんだん落ち着いて

「それもそうだよな、まずは早寝早起きしよう」と素直に思いました。

 

でも私は目標があってエンジンかかるんだけどな。早起きに紐付けできる目標が欲しいな。

 

そうだ、NHKラジオ英会話をリアルタイムで聴くのを目標に早起きするのはどうだろうと思いつきました。

ラジオ英会話は2,3年前にお世話になっていた語学番組です。最近は全然聴いてなかったし、そもそも英語の勉強自体と疎遠になっておりました。

 

 

ところで、昨日はスーパーの他に役所にも行ったのです。

私の隣の窓口に、英語を話す方が来られました。黒人の女性で、ぱちっとした目の赤ちゃんを連れられていました。

赤ちゃんが可愛かったけど、じろじろ見て嫌な思いをさせたらいけないと思って、なんともない感じを装いました。

私の住んでるところは田舎でして、そのような方と出くわしたりする機会がなかなかないのです。

私自身、外国語圏のお友達がいません。ちなみに日本語圏の友達も数えたら片手で収まります。

その方は、何を相談に来られたのかは分かりません。そもそも盗み聞きはよくない。

ただ、

What shoud I do?

の一言が、私の耳に残りました。

 

私はどうしたらいいのですか。

 

困ってるんだ。何を困ってるのかは知る由もないけど、アドバイスを求めているんだ。

こんな田舎だったら、英語ペラペラな人そんな沢山いないよな。役所に来るのドキドキしたんじゃないかな。だって私は日本語分かるのにそれでもドキドキするもん。

 

勝手な想像を膨らましながら、役所を出ました。

もし私が英語を話せたら、この田舎で困ってる人を助けられるかな。なんて思いました。いや人を助けようと思う前に自分をどうにかしなよってツッコミながら。

 

 

そんなお昼の出来事を思い出したのです。

英語頑張ろうって思いました。自然とエンジンがかかりました。

バイト欲を畳んで心にしまって、まずは早寝早起きという生活の基本に立ち返ろう。細く長く頑張ってきた英語に立ち返ろう。

 

そして、

What shoud I do ?

って困ってる人に出会ったら、言葉の橋渡しができるようになりたいな。

 

ラジオ英会話は毎朝6時45分からの放送です。

そして今の私は平均9時起きです。いやもっと遅いか。

 

少しずつ早寝して、それに合わせて早起きして、体を慣らしていこう。

そして本っ当に理想だけど、4月からリアルタイムで聴けたらいいなあ。

 

まずは今日、早寝する。早寝するには、いつも後回しにしていることを昼間にやっておかないと。

筋トレとストレッチは午前中にしました。いつもは夜にするんです。面倒な時はしないこともあります。でもやんないとね!体力ないと早起きできないもんね。

 

あとは英語の勉強。

ラジオ英会話の2月号テキストを買ったのでこれから勉強します。

2月号を買うって、すごいことなんです。

4月はじまりで一年かけて一周する英語の番組なので、2月号は終わりも終わり。次の号で最終号。

 

私は完璧主義に煮凝った頭を肩にのっけてこれまで生きてまいりました。

やるなら最初から最後まで!途中からなんて無理無理!な生き物でした。

そんな私が2月号を購入したんだから、自分でもびっくりです。

えらいぞ私。こうやってひとつひとつ、0か100思考の呪いをほどいていこう。

その方がずっと生きてて楽しいしラクだと思うんだ。息がしやすいほうがいいよね。

 

というわけで、これから2月号やってみます。

今日も読んでくださって、ありがとうございました。